モコモコのサル文字で「トラ」、仲良く並んで餌待つ姿も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野生のニホンザルを観察できる淡路島モンキーセンター(兵庫県洲本市畑田組)で16日、来年の 干支えととら 」にちなみ、サルたちが「トラ」の文字の形に並ぶサル文字が作られた。群れの「寛容性」の高さを示す恒例のパフォーマンスで、ほほ笑ましい光景となった。(山口博康)

来年の干支「寅」にちなみ、トラの文字の形に集まるサルたち(いずれも洲本市で)=長沖真未撮影
来年の干支「寅」にちなみ、トラの文字の形に集まるサルたち(いずれも洲本市で)=長沖真未撮影

 同センターは現在、周辺の山に生息する約350頭を餌付けしており、延原利和センター長(67)が「トラ」の形に麦や大豆をまくと、サルたちが身を寄せ合って食べ、モコモコとした文字が浮かび上がった。

 同センターのサルを研究している日本学術振興会の 貝ヶ石優かいがいしゆう 特別研究員によると、一般的なニホンザルの群れは序列が厳しく、上位と下位が一緒に食事をすることはないという。しかし、淡路島の群れでは、ボスはめったに怒らず、周囲も 萎縮いしゅく する様子がないといい、「許す、気にしない、という性質が見られる」と話す。

餌の時間を待つサルたち
餌の時間を待つサルたち
ミカンをキャッチするサルたち
ミカンをキャッチするサルたち

 サルたちは、餌を待つ間も仲良く並んだり、サル団子になって寒さをしのいだり。サル文字を作った後は、通常の餌やりに移り、ミカンやサツマイモなどを頬張っていた。

 かつては一般客にもサル文字を披露していたが、近年は混雑を避けるために一般公開を控え、センターのホームページで動画を公開している。延原さんは「どうして淡路のサルが、これほど寛容なのかは分かっていない。人間も学ぶべき部分があるかもしれない」と話している。

 18日からしばらく休園。問い合わせは淡路島モンキーセンター(0799・29・0112)。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2607357 0 社会 2021/12/18 08:12:00 2021/12/18 11:57:05 2021/12/18 11:57:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211218-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)