小学校長「手品を教える」と…女児の背後から手を取り胸触る、書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自らが勤務する福岡県粕屋郡内の町立小学校で、高学年の女子児童にわいせつな行為をしたとして、福岡県警粕屋署が11月下旬、男性校長(59)を強制わいせつ容疑で書類送検していたことが、関係者への取材でわかった。容疑を否認している。

車内で18歳未満の少女にキス、25歳教諭を懲戒免職…家族が校長に連絡し発覚
福岡県警
福岡県警

 関係者によると、校長は今年6月上旬、勤務する小学校の教室で、背後から女子児童の胸を触った疑い。手品を教えると言って、女子児童の背後に回り、手を取って教えていたという。児童の親族が同署に相談。同署は、同容疑でこの小学校の校長室などを捜索した。現在、校長は病気を理由に出勤していないという。

 校長は17日、読売新聞の取材に対し、「手を抜くときに当たってしまった。故意ではなかった」と話した。当時は昼休みで、教室には他の児童もいたという。

 この学校がある町の教育長は「書類送検は深刻に受け止めている。児童へのケアを継続しながら、捜査に協力していく」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2607513 0 社会 2021/12/18 05:00:00 2021/12/18 05:00:00 2021/12/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211218-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)