「三陸道」全線開通、仙台―八戸が5時間に…経済効果年760億円との試算も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災の被災地で国が「復興道路」として整備を進めてきた自動車専用道路「三陸沿岸道路(三陸道)」が18日、全線開通した。岩手県普代村―久慈市(25キロ)の工事が完了し、仙台市―青森県八戸市(359キロ)の全区間がつながった。物流促進による被災地の活性化が期待される。

全線開通する三陸沿岸道路で「通り初め」を行う関係車両(18日午後0時35分、岩手県久慈市で、読売機から)=鈴木毅彦撮影
全線開通する三陸沿岸道路で「通り初め」を行う関係車両(18日午後0時35分、岩手県久慈市で、読売機から)=鈴木毅彦撮影

 三陸道とともに、沿岸と内陸を結ぶ4路線(宮古盛岡横断道路、東北横断自動車道釜石秋田線、相馬福島道路、みやぎ県北高速幹線道路)も「復興支援道路」として整備され、既に全線開通している。今回の三陸道の全線開通で計約570キロ、総額2・2兆円の道路復興事業が完了した。

 三陸道は1974年度に事業化された。震災前の開通区間は全体の3割(130キロ)だったが、国は震災後、復興支援や災害に強いインフラ(社会基盤)整備などを目的に建設を加速させた。西銘復興相は18日に岩手県久慈市で行われた記念式典で、「全線開通は東北被災地の復興を力強く 牽引けんいん するものだ」と述べた。

 仙台―八戸間は震災前、国道などで車で約8時間半かかったが、約5時間に短縮される。また、仙台東部道路経由で常磐道に接続するため、首都圏への輸送効率が上がる。沿線では、震災の教訓を伝える伝承施設の開業も相次ぎ、自治体などは観光誘客にも取り組んでいる。

 民間の調査研究機関「岩手経済研究所」は復興道路と復興支援道路による経済効果について、東北全体で年760億円に上るとの試算を公表している。

 岩手県北部にある田野畑村のシイタケ工場「サンマッシュ田野畑」は3年前から関東地方に販路を拡大した。三陸道が順次区間開通して運送時間が短縮され、鮮度の良い状態で出荷できるようになったためだ。今年の生産量は2018年の2倍の300トンを見込んでおり、青木貴行常務(51)は「三陸道がなければ、会社はなくなっていたかもしれない」と話す。

 震災時、沿岸の国道45号が津波で寸断された教訓から、三陸道は津波浸水エリアを避けたり、高い場所を通ったりするよう設計された。災害時に緊急輸送路となる「命の道」としての機能もあり、道路上に避難するための階段が、岩手県内では14か所設置されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2607950 0 社会 2021/12/18 16:05:00 2021/12/18 21:01:22 2021/12/18 21:01:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211218-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)