三菱UFJ信託の元営業職2人、顧客11人から計5812万円着服…伝票作り預金引き出す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱UFJ信託銀行は20日、東京都内で勤務していた元営業職員2人が、顧客11人から計5812万円の現金を着服していたと発表した。

三菱UFJ信託銀行
三菱UFJ信託銀行

 発表によると、吉祥寺支店と中野支店に勤務していた50歳代の女性職員は2007~20年、9人の顧客から5370万円を着服。中野支店で勤務していた30歳代の男性職員は18~20年、2人から442万円を着服していた。いずれも社内調査で判明した。

 必要のない預金引き出し伝票を作成するなどの手口で、営業先の顧客の預金を引き出していた。「生活費などに使った」と説明しているという。

 三菱UFJ信託は2人を懲戒解雇し、他にも同様の不正がないか調べている。

 問い合わせは専用窓口(0120・105・355)。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2613754 0 社会 2021/12/20 19:37:00 2021/12/20 19:37:00 2021/12/20 19:37:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211220-OYT1I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)