海自艦と衝突した釣り船で2人死亡、国への損害賠償請求を棄却

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島県大竹市沖で2014年1月、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船の船長と乗員の2人が死亡した事故で、2人の関係者らが国に約5400万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁は22日、請求を棄却した1審・広島地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(奥)と衝突し転覆した釣り船「とびうお」(手前)=2014年1月15日、読売ヘリから撮影
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(奥)と衝突し転覆した釣り船「とびうお」(手前)=2014年1月15日、読売ヘリから撮影

 原告は船長の内縁の妻の親族ら4人。訴状によると、14年1月15日午前8時頃、おおすみと釣り船が衝突して釣り船が転覆し、2人が死亡したほか、別の乗員が負傷した。

広島高等裁判所
広島高等裁判所

 今年3月の地裁判決は「おおすみに衝突の危険を回避する注意義務があったとはいえない」として、原告の訴えを退けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2619445 0 社会 2021/12/22 14:20:00 2021/12/22 16:44:13 2021/12/22 16:44:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211222-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)