ふるさと納税返礼品に京都丹後鉄道の線路…厚さ1センチに「輪切り」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都府北部を走る京都丹後鉄道で使われていた線路を薄く切った「線路の輪切り」が、同府舞鶴市のふるさと納税の返礼品に加わった。今年7月に同府宮津市などが実施したところ好評だったことから、沿線にあたる舞鶴市でも提供することになった。

京都丹後鉄道の「線路の輪切り」(ウィラートレインズ提供)
京都丹後鉄道の「線路の輪切り」(ウィラートレインズ提供)

 同鉄道宮舞線で数十年使われた線路で、舞鶴市内の鉄工所が厚さ1センチに切断し、加工した。市内の社会福祉法人と同府与謝野町の生地メーカーが関わって製作したケースに納められ、飾って楽しめる。硬券風のデザインのシリアルナンバープレートもつく。

 同鉄道を運行するウィラートレインズによると、宮津市にふるさと納税をした人らから再提供を求める声も上がっていたといい、同社は「ふるさと納税を通し、沿線地域と京都丹後鉄道を知るきっかけとしてほしい」としている。

 寄付金額は3万5000円で、限定50個。ふるさと納税サイトで受け付けている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2630546 0 社会 2021/12/26 06:36:00 2021/12/26 06:36:00 2021/12/26 06:36:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211223-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)