オミクロン市中感染、京都の20代女性はワクチン2回接種済み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府と京都府は23日、計2人が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に市中感染したと発表した。京都府で市中感染が判明したのは初めて。2人はいずれも軽症で、入院している。

自宅療養で往診、「陽性です」と薬処方し10分で次の現場へ…医師1人で30件の日も
大阪府庁
大阪府庁

 京都府の感染者は同府京田辺市の20歳代女性。19日に発熱などの症状が出た後、ゲノム解析でオミクロン株に感染していたことが確認された。渡航歴はなく、感染経路もわかっていない。ワクチンは2回接種済みだった。

京都府庁
京都府庁

 大阪府では、府内の10歳未満の小学生男児の感染が明らかになった。17日に発熱などがあったという。府は22日、別の親子3人について、国内初の「オミクロン株の市中感染に当たる」と発表したが、男児と3人との接点はないという。

 男児の同級生3人も新型コロナウイルスに感染しており、府がオミクロン株感染の有無を調べている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2625257 0 社会 2021/12/24 00:20:00 2021/12/24 00:20:00 2021/12/24 00:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211223-OYT1I50189-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)