在日米軍基地の所属隊員、9月以降「米を出国時にコロナ検査せず」…林外相「対応を強化」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 林外相は24日午前の記者会見で、在日米軍の新型コロナウイルス対策について、今年9月3日以降、すべての基地に所属する隊員らが米国を出国する際、PCR検査などの検査をしていなかったことを明らかにした。林氏は「米軍と日本側の措置が整合的であるよう、対応を強化する」と述べた。

抗原検査キットのネット販売、8月中にも解禁…陽性なら医療機関を受診
林外相
林外相

 林氏によると、米国防総省の方針で米軍は9月以降、隊員らのワクチン接種が進んだことなどを理由に、米国出国時の検査を免除していたという。22日に日本政府から出国前検査の実施などを求められたことを受け、米軍は即日、検査を実施することを決めた。

 在日米軍のコロナ対策を巡っては、沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンでクラスター(感染集団)が発生し、日本政府が対策の徹底を求めていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2626162 0 社会 2021/12/24 11:32:00 2021/12/24 13:37:53 2021/12/24 13:37:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50057-T-e1640320668369.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)