在宅で家族らによる高齢者虐待、昨年度は1万7281件で過去最多…死亡は25件

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は24日、2020年度の在宅での家族らによる高齢者への虐待件数が、前年度より2・1%増の1万7281件となり、過去最多を更新したとの調査結果を公表した。死亡事例は25件で、前年度より10件増えた。新型コロナウイルスの感染拡大で、外出を控えたり、介護サービスの利用を自粛したりして、自宅でケアをする負担が増えたことが背景にあるとみられる。

厚生労働省
厚生労働省

 厚労省によると、家族らによる虐待の内容(複数回答)は、殴るなど「身体的虐待」(68・2%)が最多で、暴言を吐くなど「心理的虐待」(41・4%)、必要な介護をしない「介護等放棄」(18・7%)が続いた。

 一方、介護職員による虐待は前年度比7・6%減の595件で、06年度に調査が始まって以来、初めて減少に転じた。死亡は3件(前年度比1件減)だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2627272 0 社会 2021/12/24 19:46:00 2021/12/24 19:46:00 2021/12/24 19:46:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)