認可外保育施設で7か月の女児が死亡したのは、うつぶせ寝による窒息…元施設長に賠償命令

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 水戸市の認可外保育施設で2016年7月、生後7か月の高橋理華ちゃんが死亡したのは、うつぶせ寝で放置されたためだとして、母親の孫秋萍さん(47)が元施設長の男性(78)に約6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、水戸地裁であった。阿部雅彦裁判長は呼吸の状態などを確認せず、あおむけに戻す注意義務を怠ったとして、約5300万円の賠償を命じた。

水戸地方裁判所
水戸地方裁判所

 阿部裁判長は、理華ちゃんが顔を下にして寝ていた痕跡などから、うつぶせ寝による窒息で死亡したと判断。うつぶせで寝かせてはいなかったとする元施設長の主張を退けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2628022 0 社会 2021/12/24 22:23:00 2021/12/24 22:23:00 2021/12/24 22:23:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)