米海兵隊員、外出禁止の要請中にバーで飲酒しバイク運転…「酒残っていると思わなかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県警は25日、米海兵隊基地キャンプ・ハンセン所属の伍長(24)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。「バーでビールやウイスキーを飲んだが、検挙されるほど酒が残っていると思わなかった」と話している。

オミクロン株対応のワクチン、10月半ば以降に接種へ…5~11歳は「努力義務」
沖縄県警
沖縄県警

 発表によると、容疑者は同日午前0時5分頃、那覇市松山の市道で、酒気帯び状態で原付きバイクを運転した疑い。呼気から基準値の約3倍のアルコール分が検出された。

 同基地では今月中旬以降、新型コロナウイルスの感染者が相次ぎ、県が米軍側に隊員らの基地外への外出禁止を求めているが、21日にも上等兵が酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕されている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2629563 0 社会 2021/12/25 18:55:00 2021/12/25 18:55:00 2021/12/25 18:55:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211225-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)