「オミクロン」福岡でも市中感染、大阪・京都に滞在の20代男性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県は25日、県内の20歳代の男性1人が、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染したと発表した。同県でオミクロン株の感染が確認されたのは初めて。海外渡航歴がなく、市中感染とみられる。

ヨーグルトに睡眠導入剤、難病の夫を浴衣の帯で絞殺「孤独と孤立でどんどん落ちた」
「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 発表によると、男性は18~20日に大阪、京都府などに滞在。22日に39・5度の発熱があり、コロナ感染が判明した。ワクチンは接種していなかった。

 一方、京都府は25日、府内で新たに40~70歳代の男女4人のオミクロン株感染者が確認されたと発表した。いずれも海外渡航歴はなく、3人は感染経路が不明。残る1人は既に府内でオミクロン株への感染が確認された患者の濃厚接触者だった。4人とも軽症という。府内のオミクロン株感染者は計8人になった。

 大阪府でも新たに2人のオミクロン株感染が確認された。いずれも20歳代の男性で、市中感染とみられる。府内の感染確認は計11人となった。

 神奈川県でも初のオミクロン株感染者が確認された。18日に米国から帰国した県内在住の30歳代男性で、機内で感染疑いの乗客がいたため濃厚接触者とされていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2629865 0 社会 2021/12/25 21:04:00 2021/12/26 01:32:11 2021/12/26 01:32:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211225-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)