肉団子詰まらせ失われた命、背負われないランドセル見つめ「なぜ防げなかったのか」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年12月、和歌山県岩出市の児童発達支援センターでダウン症の男児(当時5歳)が肉団子をのどに詰まらせて亡くなった事故から1年が過ぎた。28日の命日を前に両親が取材に応じ、「あの子がいないという空虚な気持ちはいつまでも続く」と胸のうちを語った。(大田魁人)

男児の遺影の隣には、家族で選んだランドセルが置かれている(岩出市で)
男児の遺影の隣には、家族で選んだランドセルが置かれている(岩出市で)

 「とってもかわいいでしょう。来年からこれを背負って学校に行くはずだったんだけどね」

 12月中旬、男児の写真が並ぶ自宅リビングで、母親(41)は明るい「ピスタチオグリーン」のランドセルを見つめた。

 七五三で着たジャケットや前掛けと同じ、男児のお気に入りの色だという。亡くなって4か月が過ぎた頃、我が子にどうしても買ってあげたくなり、夫と、お兄ちゃん2人と選んだ。「この色ならほかの子と間違えないだろうし、何よりあの子みたいに明るくてきれい」

 昨年12月22日昼、男児は通っていた施設内で肉団子をのどに詰まらせ、救急搬送されたが6日後、窒息による低酸素脳症で亡くなった。あごの力が弱いため両親は刻み食を与えるよう頼んでいたが、施設側からの説明では、男児の前には肉団子がそのまま置かれ、保育士は他の子どもの世話で目を離していたという。

 保健師の勧めで通い始めた施設について、母親は「とてもよくしてもらって感謝しているけど、なぜ事故を防げなかったのか、今は不信感が募るばかり」と漏らす。

 思い出は色あせず、家族の食卓の話題は、今でも男児のことばかりだ。父親(44)は事故の前日、男児と一緒にゆず風呂に入ったという。「小走りでお風呂に飛び込んできてゆずを投げて。楽しそうやったな。でも、そこで時間が止まってしまってる」

 和歌山県警が捜査中だということで、県や施設から詳細な報告はない。両親は「一生一緒にいられるものだと思っていた」と目を赤くし、「二度とあんな事故が起こらないよう、真相を明らかにしてほしい」と求めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2631021 0 社会 2021/12/26 13:54:00 2021/12/26 14:09:22 2021/12/26 14:09:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211225-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)