愛知でもオミクロン株の市中感染、5都府県に拡大

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県は26日、10歳代と40歳代の女性2人が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に市中感染したと発表した。同県でのオミクロン株の感染確認は初めてで、市中感染は大阪、京都、東京、福岡に続き、5都府県目。

国内のコロナ新規感染3万1457人…東京の1週間平均は10%減
オミクロン株(国立感染症研究所提供)
オミクロン株(国立感染症研究所提供)

 発表によると、2人は同居の親子。渡航歴はなく、感染経路は不明という。母親はワクチンを2回接種済みだったが、娘は接種していない。いずれも軽症で、現在は入院している。

 このほかに大阪府で8人、奈良県で1人のオミクロン株感染が確認された。大阪府では、海外渡航歴のある人は1人で、多くは市中感染とみられるという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2631482 0 社会 2021/12/26 20:47:00 2021/12/26 20:47:00 2021/12/26 20:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211226-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)