読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「国に貢献せよ」と迫られた…中国人元留学生、偽名でウイルス対策ソフト購入図る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国籍で30歳代の元留学生の男が、中国軍人の妻からの指示で日本企業向けのウイルス対策ソフトを不正に購入しようとしていた疑いが強まり、警視庁公安部は、詐欺未遂容疑で男の逮捕状を取った。男は既に中国に帰国しており、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する方針。

警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、元留学生は2016年11月、実在しない日本の企業名や担当者名を使い、東京都内の会社が販売している日本企業向けのウイルス対策ソフトを購入しようとした疑い。会社側が不審点に気づき、販売を見送ったという。

 公安部は、中国軍側がウイルス対策ソフトを入手して分析し、日本企業のシステムの 脆弱ぜいじゃく 性を探ろうとしていたとみている。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2635181 0 社会 2021/12/28 00:17:00 2021/12/28 07:31:34 2021/12/28 07:31:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211227-OYT1I50170-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)