町係長が盛んに挑発、課長と路上で殴り合い…両者とも降格処分に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良県王寺町は27日、路上で殴り合った男性課長(51)を主幹に降格した上で、減給3か月(10分の1)、男性係長(36)も主任に降格し、減給6か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。また、口論のきっかけを作った男性主事(31)を減給3か月(10分の1)とした。

 町によると、15日に町内の飲食店で、課長と係長が口論となり、店の外に出て、互いに殴るなどしたという。課長は傷害容疑で現行犯逮捕され、その後釈放されている。

 町の調査で、係長が盛んに挑発していた事実が判明し、より重い処分を課した。主事が係長の仕事ぶりを侮る発言をしたことが、けんかの発端だったという。

 平井康之町長は「信頼を大きく損ね、大変遺憾。再発防止と信頼の回復に全力で取り組む」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2637920 0 社会 2021/12/29 08:44:00 2021/12/29 21:41:20 2021/12/29 21:41:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)