林外相の後援会入会巡る公選法違反、県が元検事らの調査チーム発足

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 林芳正外相(衆院山口3区)の後援会入会を巡る公職選挙法違反事件を踏まえ、山口県は28日、元検事の高村七男弁護士をトップとする調査チームを発足させた。入会勧誘の実態を把握するため、職員にアンケートや個別の聞き取りを行い、来年3月末までに調査結果と再発防止策をまとめる。

山口県庁
山口県庁

 県によると、チームは高村氏のほか県人事課職員6人の計7人で構成する。村岡 嗣政つぐまさ 知事は28日の年末の記者会見で、「二度と起こらないようにするため、どうすべきかを考えていきたい」と述べ、「改めて県民におわびする」と陳謝した。

 後援会入会を部下に勧誘させ、罰金30万円の略式命令を受けた小松一彦・前副知事(65)(24日に辞職)は、自民党関係者から入会申込書の配布を依頼されたと証言している。知事は「依頼した関係者が誰か究明するのか」と問われたが、明確には答えなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2637492 0 社会 2021/12/28 22:50:00 2021/12/28 22:50:00 2021/12/28 22:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211228-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)