琉球新報記者が酒気帯び、呼気から基準5倍超のアルコール…100m先の自宅まで運転

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 琉球新報社(那覇市)は29日、同社編集局に所属する警察取材班キャップの男性記者(32)が、沖縄県警から道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで交通切符(赤切符)を交付されたと発表した。

沖縄県警察本部
沖縄県警察本部

 発表によると、記者は28日夜、那覇市内で取材関係者と飲酒後、同県宜野湾市内の公園までタクシーで移動。29日未明、酒気を帯びた状態で、公園に止めていた車を約100メートル先の自宅まで運転した。呼気から基準値の5倍超のアルコール分が検出されたという。

 同社の松元剛編集局長は「高い倫理観を求められる記者職による酒気帯び運転は言語道断の行為。社として厳正に処分します」とのコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2639364 0 社会 2021/12/29 23:28:00 2021/12/29 23:49:31 2021/12/29 23:49:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211229-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)