読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】国際ハッカー集団、都立2病院を標的か…チャットに職員アドレス大量掲載

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際ハッカー集団が高度な救急医療などを担う東京都立病院に攻撃準備を進めているとの情報があるとして、都が今月上旬、各都立病院に緊急の注意喚起をしていたことがわかった。現時点で被害は確認されていない。病院へのサイバー攻撃は、地方の中小病院が被害に遭うケースが多いが、都心の大規模病院も標的になっていることが明らかになった。

都立墨東病院
都立墨東病院

 都病院経営本部などによると、都立墨東病院(墨田区)と同松沢病院(世田谷区)が攻撃対象として名指しされていた。

 同本部は、医療分野のサイバー安全対策を進める一般社団法人「医療 ISACアイザック 」(東京)から通報を受け、各病院に警戒を強めるように指示した。サイバー攻撃を防ぐため、国から 脆弱性ぜいじゃくせい が指摘された機器に対策を講じることや、不審なメールに注意することを求め、両病院は職員に同様の注意を呼びかけた。

 墨東病院は病床数765床の大規模病院で、都内4か所の「高度救命救急センター」の一つ。松沢病院は全国最大規模の精神科病院だ。

 ISAC関係者によると、攻撃の端緒を探知したのは、国際ハッカー集団の動向を監視する海外のセキュリティー会社だ。攻撃者らが使用するチャットで2病院が名指しされていることや、複数の都立病院職員のメールアドレスが大量に掲載されている状況を確認し、ISACに連絡。ISACが都に報告して注意喚起につながった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2639485 0 社会 2021/12/30 05:00:00 2021/12/30 13:04:14 2021/12/30 13:04:14 サイバー攻撃について東京都が注意喚起した都立墨東病院(29日午後3時35分、東京都墨田区で)=今泉遼撮影東京都が緊急の注意喚起をした都立墨東病院(29日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211230-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)