京大スパコンの3400万ファイル消失…業者が作業ミス、一部は復元不能

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都大のスーパーコンピューターに保存されていた約3400万ファイルのデータが消失していたことがわかった。京大が12月28日にホームページで発表した。スパコンの納入業者が、バックアッププログラムの機能を改修する作業中に誤ってデータを削除したとしている。

 発表によると、同月14~16日、京都大情報環境機構が管理するスパコンで、情報を保存する「ストレージ」をバックアップするプログラムに不具合が生じた。意図せずに削除されたデータの一部は復元できないという。

 同機構は「再発防止に向けた運用管理の改善に取り組む」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2642778 0 社会 2022/01/01 08:49:00 2022/01/01 11:52:20 2022/01/01 11:52:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)