母子か?住宅に血流し倒れる女性と女児、死亡確認…浴室では首から出血した男性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1日午後6時15分頃、鹿児島市吉野町の集合住宅の1室で、20歳代とみられる女性と1歳ぐらいの女児が血を流して倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。鹿児島県警鹿児島中央署は殺人事件とみて捜査している。

鹿児島県警察本部
鹿児島県警察本部

 同署によると、世帯主の30歳代の男性が水を張った浴槽内で首から出血した状態で見つかり、病院に搬送されたが、命に別条はないという。この家では男性が妻、娘と暮らしており、亡くなった2人は妻と娘とみられる。

 男性はこの日、県内の実家に帰省を予定していたが訪れないため、男性の母親が男性宅を訪問。玄関にチェーンがかかっていたため、近くの交番に安否の確認を求めていた。同署は男性が2人の死亡の経緯について事情を知っているとみて調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2643558 0 社会 2022/01/01 23:18:00 2022/01/01 23:18:00 2022/01/01 23:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220101-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)