「カン、キン」と散る火花…刃物のまちで日本刀打ち初め式

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

刀匠が大槌で玉鋼をたたいて打ち延ばし、飛び散る火の粉(2日、岐阜県関市で)=尾賀聡撮影
刀匠が大槌で玉鋼をたたいて打ち延ばし、飛び散る火の粉(2日、岐阜県関市で)=尾賀聡撮影

 「刃物のまち」で知られる岐阜県関市の関鍛冶伝承館で2日、「関伝古式日本刀鍛錬打ち初め式」が行われ、刀匠が伝統の技を披露した。

 刀匠たちが一年の無事と発展を願って行う年始の恒例行事。新型コロナウイルスの感染対策として、昨年に続いて見物客を制限し、今年は60人が見守った。

  烏帽子(えぼし) に白装束姿の刀匠7人が、約1300度に熱された刀の原料「玉鋼」を台に載せ、 大槌(おおづち) でたたいて延ばすと、「カン、キン」という力強い音が鳴り響くとともに、火花が勢いよく飛び散った。見物客らは、その様子をしきりにカメラに収めていた。

 刀匠の丹羽清吾さん(68)は「新型コロナウイルスの流行が早く終息し、穏やかな一年になってほしい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2645180 0 社会 2022/01/02 22:22:00 2022/01/03 01:17:43 2022/01/03 01:17:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220102-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)