「求愛」ストック1万本、向き合う白鳥やハートの形で絶好の撮影スポットに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県立公園「あわじ花さじき」(淡路市楠本)で、アブラナ科のストックが咲き誇り、絶好の写真スポットになっている。

向き合った白鳥がハートを形作るデザインのストック(淡路市で)
向き合った白鳥がハートを形作るデザインのストック(淡路市で)

 冬場の園内に彩りを添える花で、「求愛」などの花言葉を持つ。紫、白、ピンクなど5色の計約1万1000本を植え、2羽の白鳥やハートを表現。近くの展望台から見下ろすと、向き合う白鳥の首もハートを形作っており、家族連れらが撮影を楽しんでいる。

 大阪府和泉市から家族5人で訪れた主婦は、多彩な花壇と大阪湾の絶景を堪能し、「ここまで開放感のある景色は、なかなかない。ほかの季節も来てみたい」と話していた。

 ストックの見頃は2月中旬まで。問い合わせは、あわじ花さじき(0799・74・6426)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2647503 0 社会 2022/01/04 07:43:00 2022/01/04 07:43:00 2022/01/04 07:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220103-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)