国内で新たに1268人感染、3か月ぶり1000人超…沖縄で225人・都内151人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルス感染者は4日、40都道府県と空港検疫で新たに1268人確認された。1日の新規感染者数が1000人を超えるのは昨年10月6日以来、約3か月ぶり。重症者は54人で、死者は1人だった。

国内のコロナ新規感染1万6593人…東京の1週間平均は23%増

 東京都の4日の新規感染者は151人で、約3か月ぶりに150人を上回った。大阪府では124人の感染が確認された。沖縄県でも225人の感染者が判明。1日当たりの感染者数が200人を超えるのは昨年9月16日以来となった。

 国内の新規感染者数は昨年9月末を期限に緊急事態宣言が解除されて以降、減少。同11~12月には2桁の日もあったが、昨年12月30日に500人を超え、急激に増加傾向になっている。

 直近1週間の平均新規感染者は、前週と比べて東京都(90・7人)が2・2倍、大阪府(74・4人)が2・6倍、沖縄県(82・7人)が3・9倍。変異株「オミクロン株」の国内での累計感染者は1000人超となり、この影響もあるとみられる。

 都によると、年明けに感染が判明した人の中には、年末に旅行や会食に参加した人が含まれており、担当者は「オミクロン株が広がっている可能性も否定できない」と警戒する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2648804 0 社会 2022/01/04 21:08:00 2022/01/05 00:57:43 2022/01/05 00:57:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220105-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)