パトカー6台、ペンキのような塗料かけられタイヤもパンク…器物損壊容疑で捜査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県警岩槻署(さいたま市岩槻区)に配備されているパトカー6台が、ペンキのような塗料をかけられる被害に遭っていたことが4日、捜査関係者への取材でわかった。年明けの1日未明の犯行とみられ、同署が器物損壊容疑で捜査している。

埼玉県警
埼玉県警

 捜査関係者によると、被害がわかったのは1日午前3時半過ぎ。署内に駐車していたパトカー6台に塗料がかけられ、タイヤもパンクしているのに署員が気づいたという。

 同様の被害は4日、さいたま法務総合庁舎(同市浦和区)でも見つかっている。3日夜~4日朝の間の犯行とみられ、さいたま地検などの表札に赤い塗料がかけられていた。浦和署が建造物損壊容疑で調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2649644 0 社会 2022/01/05 07:56:00 2022/01/05 07:56:00 2022/01/05 07:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220104-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)