新小岩と金町を結ぶ新路線、貨物線活用で2030年頃の区間開業目指す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都葛飾区は、区内を南北に走るJR貨物線の旅客路線化事業に着手する。近隣には映画「男はつらいよ」の舞台となった柴又帝釈天もあり、観光振興や街づくりの起爆剤とする構想だ。区は2030年頃に一部区間の開業を目指しており、高齢者や障害者が利用しやすい低床の「LRT(次世代型路面電車)」型車両の採用も検討する。

 葛飾区の青木克徳区長は「排ガス削減など『脱炭素化』の潮流の中で公共交通機関の重要性は高まっている。早期開業を実現したい」と語った。区は近く、JR東日本や国土交通省、都などと検討会を発足させて調整を本格化させる。JR東も「区の検討に協力していきたい」としている。

葛飾区が旅客化を検討しているJRの新金貨物線
葛飾区が旅客化を検討しているJRの新金貨物線

 旅客化の対象は、JR総武線・新小岩駅付近と常磐線・金町駅を通る単線の「 新金しんきん 貨物線」(約7キロ)。東京と千葉をつなぐ輸送網として大正期に整備されたが、貨物輸送の多様化に伴って運行本数は減っている。

 計画案では、7~10の駅を新設。ピーク時は約10分間隔で運行して新小岩―金町駅を約20分で結ぶ。帝釈天最寄りの京成線に接続できる駅も設け、1日約4万人の利用を見込む。区は整備費を約200億~250億円と試算し、100億円規模の基金を積み立てる。

 運行主体は区などが出資する第3セクターとし、JR東から線路を借り受けて営業する「上下分離」案を軸に検討が進められている。

■LRT =「ライト・レール・トランジット」の略で、乗降しやすく、振動や騒音が少ない都市型の新交通として注目されている。国内では富山市などで導入され、2016年のリオデジャネイロ五輪でも整備された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2658250 0 社会 2022/01/08 13:00:00 2022/01/09 10:04:13 2022/01/09 10:04:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220108-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)