勤務中にスマホゲーム繰り返し、居眠りも…市が総括審議員の職員を減給処分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県宇城市は7日、勤務中にスマートフォンでゲームをしていたとして総務部総括審議員の男性職員(57)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、小川支所長だった昨年4月頃から勤務中にスマホでのゲームを繰り返したほか、数回の居眠りも確認された。別の職員からの情報提供で発覚し、市の聞き取りに、事実関係を認めたという。

 守田憲史市長は「市民の信頼を損ない、おわび申し上げる。職員の指導と再発防止を徹底する」とするコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2662324 0 社会 2022/01/10 18:25:00 2022/01/10 18:25:00 2022/01/10 18:25:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)