消防士ユーチューバー、ゲーム実況で収入115万円…副業禁止で懲戒「認識甘かった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゲームのプレー状況を「実況中継」する自作動画をネット上に投稿して約115万円を稼いだとして、和歌山市は11日、市消防局の男性消防士長(33)を減給10分の1(1か月)の懲戒処分にした。市は動画投稿で金銭を得る行為が、地方公務員法で原則禁じている副業にあたると判断した。

和歌山市役所
和歌山市役所

 発表によると、消防士長は2020年12月~21年10月、複数人で対戦するオンラインの心理ゲームをしながら、その内容を解説する様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」に計314本投稿し、広告収入として約115万円を得ていた。登録者数は約1万5000人で、動画は累計227万回再生されたという。

 市は「消防士のユーチューバーがいる」との情報提供を受けて調査。動画に本人は映っていなかったが、声の特徴から特定した。消防士長は市に対し「趣味でやっていたが、登録者が1000人を超えて収益化してしまった。認識が甘かった」と話したという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2666429 0 社会 2022/01/11 22:10:00 2022/01/12 12:13:42 2022/01/12 12:13:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220111-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)