十字路の隅に人影が…胸騒ぎがした女性が引き返して、頭に雪積もった女性発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富山県滑川市内で、命の危険があったお年寄りを救ったとして、同市北野の介護施設職員、三井雅子さん(49)に滑川署から感謝状が贈られた。

「ここにしがみついてしゃがんでいました」と説明する三井さん(昨年12月22日、滑川市北野の路上で)
「ここにしがみついてしゃがんでいました」と説明する三井さん(昨年12月22日、滑川市北野の路上で)

 三井さんは、昨年12月19日午前6時頃、雪がちらつく中を、コインランドリーに向かっていた。「普段出勤する時間よりかなり早く、まだ暗くて人通りもなかった」と振り返る。

 車を走らせてまもなく、十字路の隅に人影のようなものが見えた。一度は通り過ぎたものの、胸騒ぎがしてすぐに戻った。人影は、民家の生け垣にしがみつき、しゃがんでいた高齢の女性だった。女性はパジャマにサンダル履き。頭には雪が積もり、体は冷え切っていた。

 「おばあちゃん、大丈夫?」。優しく問いかけると、「どこから来たかわからんくなった」。すぐに、暖まっていた自分の車に乗せた。名前を聞いても返事はあやふや。冷え切って体も思うように動かせない様子だったので、三井さんは県警滑川署に送り届けた。署では自動販売機で温かいお茶を買って差し入れた。女性は80歳代だったが、幸いにも健康状態に問題はなく、家族が約1時間後に駆けつけ、無事に家に戻ったという。

 同署の中川保署長は、昨年12月22日の感謝状贈呈式で、「三井さんの発見や対応が遅かったら命に関わっていた」と語り、行動に敬意を表した。三井さんは「こういう経験は初めてだが、無視して走り去っていたら、すごく後悔していたと思う。おばあちゃんを助けてあげられて、とてもうれしい」とほほえんでいた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2670415 0 社会 2022/01/13 10:08:00 2022/01/15 00:14:12 2022/01/15 00:14:12 実際の現場を前に、「ここにしがみついてしゃがんでいました」と説明する三井さん(22日、滑川市北野の路上で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220112-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)