大阪府、「まん延防止」適用を要請へ…病床使用率35%で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府の吉村洋文知事は14日、新型コロナウイルス患者用の病床使用率が35%に達した段階で、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考えを示した。府内の病床使用率は14日時点で21・5%となっており、1週間で10ポイント増加。今月下旬にも要請が必要な水準に達する可能性がある。

国内のコロナ感染者、3万5922人確認…都内の1週間平均は14%減
吉村洋文・大阪府知事
吉村洋文・大阪府知事

 重点措置が適用された場合、府内全域を対象とし、府が感染対策を認証した飲食店に対しては午後9時まで、非認証店については午後8時までの営業時間短縮を要請する方針だ。認証店での酒類提供は可能とする。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2674494 0 社会 2022/01/14 16:04:00 2022/01/14 23:55:12 2022/01/14 23:55:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220114-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)