初確認から2年、累計感染者183万人に…新規は4か月半ぶりに2万人超え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染者が国内で初めて確認されてから15日で2年となった。読売新聞の集計によると、感染者は累計で183万4361人、死者は1万8438人に上る。現在は感染力の強い変異株「オミクロン株」が主流の第6波に入っており、14日の国内の新規感染者は2万2045人と昨年9月1日以来、4か月半ぶりに2万人を超えた。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 国内で最初に感染者が確認されたのは2020年1月15日。1年目の感染者は約31万人だったが、感染力の強い変異株が流行した2年目は5倍の約152万人に膨らんだ。感染者数は第4波(昨年4~6月)が約32万人、第5波(同7~9月)が約91万人と、後の波の方が大きくなっている。

 感染者数の増加に伴い、死者も1年目の4355人に対し、2年目は1万4083人と3倍以上になった。ただ、ワクチン接種や治療薬の投与によって1日当たりの死者は減少傾向にある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2674762 0 社会 2022/01/14 17:56:00 2022/01/15 00:08:52 2022/01/15 00:08:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220114-OYT1I50191-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)