JR山形新幹線3本、大雪で進めず…線路上や駅で停車

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山形新幹線
山形新幹線

 14日午後9時50分頃、新庄発東京行きの山形新幹線3本が大雪の影響で線路上や駅で動けなくなった。

 JR東日本山形支店によると、つばさ156号が、通過駅だった山形県米沢市の大沢駅で前に進めなくなった。この影響で、後続のつばさ158号は大沢―関根駅間で停車した。下りは走行可能だったため、2本の乗客計約170人は山形行きの下り新幹線に順次乗り換えた。

 さらに後続のつばさ160号は関根駅で停車し、JRは乗客2人にタクシーを手配した。

 このトラブルで体調不良を訴えている乗客はいないという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2675571 0 社会 2022/01/14 23:38:00 2022/01/15 01:37:22 2022/01/15 01:37:22 庭坂駅に先に停車していた普通電車(中央奥)を追い越して、米沢方面に向かって出発する山形新幹線(12月9日午前8時4分、福島市町庭坂で)=石沢達洋撮影庭坂駅に先に停車していた普通電車を追い越し、米沢方面へ出発する山形新幹線(福島市町庭坂で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220114-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)