「勉強がうまくいかず、事件起こして死のうと」…逮捕の高2少年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都文京区の東京大学付近で受験生ら3人が切りつけられた事件で、警視庁に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された名古屋市の私立高校2年の少年(17)が、「勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った」と供述していることが、警視庁幹部への取材でわかった。少年は事件に使った刃物(刃渡り15センチ)を自宅から持ってきたと説明しており、警視庁が詳しい経緯を調べている。

大学入学共通テストの受験生ら3人が刃物で襲われた現場周辺に集まる捜査員ら(15日午前9時50分、東京都文京区の東京大学で)=三浦邦彦撮影
大学入学共通テストの受験生ら3人が刃物で襲われた現場周辺に集まる捜査員ら(15日午前9時50分、東京都文京区の東京大学で)=三浦邦彦撮影

 警視庁幹部によると、少年は15日午前8時半頃、文京区弥生の東大農学部正門付近の路上で、大学入学共通テストを受験するため訪れた18歳の男女2人に切りつけ、殺害しようとした疑い。

 少年は路上で男性(72)に切りつけた後、高校生の2人を襲ったとみられ、3人はいずれも背中を切られていた。高校生の2人は千葉県浦安市の男子生徒と同県市川市の女子生徒で、ともに軽傷とみられるが、男性は重傷で緊急手術を受けているという。

着火剤のようなものが投げ込まれた南北線東大前駅の改札付近(15日午前10時45分、東京都文京区で)=三浦邦彦撮影
着火剤のようなものが投げ込まれた南北線東大前駅の改札付近(15日午前10時45分、東京都文京区で)=三浦邦彦撮影

 逮捕された少年は、詰め襟の学生服姿で、東大周辺で「火を放った」という趣旨の供述もしている。現場近くの東京メトロ南北線東大前駅の改札付近で、火をつけられる事件があり、警視庁が関連を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2676379 0 社会 2022/01/15 13:10:00 2022/01/15 22:25:23 2022/01/15 22:25:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220115-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)