予想より早かった潮位上昇、噴火による津波の影響だけでない可能性も…気象庁

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に津波警報を発表したことを受け、気象庁は16日午前2時から記者会見を開いた。津波警報の解除の見込みは今のところたっておらず、「潮位の上昇は長く続く可能性が高い」とし、海に近づかないよう注意を呼びかけている。

気象庁
気象庁

 気象庁によると、鹿児島県奄美市などで観測された潮位の変動は、南太平洋・トンガ諸島での海底火山の大規模な噴火の影響があるとみられる。ただ、潮位が上昇した時刻が予想よりも早く、噴火による津波の影響のみではない可能性があり「正確な要因は分かっていない」と説明した。

 海底火山は日本時間の15日午後1時頃に噴火し、気象庁では日本列島への影響は軽微としていた。しかし太平洋沖の父島では、気象庁の津波到達予測時刻より2時間以上早い同日午後8時前後から潮位の変化が見られ、最大観測値は90センチに達した。

 鹿児島県奄美市小湊でも同日午後11時55分に1メートル20の津波を観測した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2677480 0 社会 2022/01/16 04:14:00 2022/01/16 09:32:32 2022/01/16 09:32:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)