三重で小型船1隻転覆、カキ養殖いかだ500台流される…津波の影響で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 太平洋岸に到達した津波の影響で、三重県の沿岸では小型船が転覆したり、カキの養殖いかだが一部破損したりする被害が出た。

トンガでの海底火山による津波で、流された養殖カキのいかだ(16日午後1時48分、三重県鳥羽市で、読売機から)=中村光一撮影
トンガでの海底火山による津波で、流された養殖カキのいかだ(16日午後1時48分、三重県鳥羽市で、読売機から)=中村光一撮影

 県の発表によると、尾鷲市天満浦で小型船1隻が転覆した。また、鳥羽市浦村ではカキの養殖いかだ約500台が定位置から沖に流され、一部が破損したという。いずれもけが人などはなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2678085 0 社会 2022/01/16 14:22:00 2022/01/16 18:50:52 2022/01/16 18:50:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)