「トンガの情報入ってこない」「無事でいて」…元ラグビー日本代表、心配募らせ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 南太平洋の 島嶼(とうしょ) 国トンガ沖で起きた海底火山の大規模噴火による現地の被害状況は不明な点が多く、日本に住む関係者は心配を募らせている。

 ラグビー日本代表としてワールドカップに3大会連続で出場し、現在は「日本トンガ友好協会」代表を務める同国出身のラトゥ・ウィリアム志南利さん(56)は、埼玉県熊谷市の自宅で「情報が入ってこない。無事であってほしい」と母国の家族を案じていた。

トンガの状況を心配そうに調べるラトゥ・ウィリアム志南利さん(1月16日、埼玉県熊谷市で)
トンガの状況を心配そうに調べるラトゥ・ウィリアム志南利さん(1月16日、埼玉県熊谷市で)

 弟妹4人とその家族がおり、噴火直後はフェイスブックに津波の様子や避難する車の写真が投稿されていた。しかし約1時間後には通信状態の悪化のためか応答がなくなり、自宅でいつも聞いているトンガのラジオ局の放送も途絶えた。丸1日が経過しても連絡がつかないという。

 同国出身で高知県須崎市に住む漁師(47)もトンガの家族や友人に電話やSNSで連絡を試みたが応答がないといい、「何とか無事に逃げていてほしい」と願った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2678513 0 社会 2022/01/16 20:16:00 2022/01/17 10:18:42 2022/01/17 10:18:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50075-T-e1642364781890.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)