東大前刺傷で逮捕の少年、直前にメトロ車内で放火図る…「うまくいかなかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

木片などが焼けるぼやがあった東大前駅の改札付近(15日午前10時43分、東京都文京区で)=三浦邦彦撮影
木片などが焼けるぼやがあった東大前駅の改札付近(15日午前10時43分、東京都文京区で)=三浦邦彦撮影

 東京都文京区の東京大学前で大学入学共通テストの受験生ら3人が刺されて重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された名古屋市の私立高校2年の少年(17)が事件直前、東京メトロ南北線の車内で放火を図ったと供述していたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁が状況を調べている。

 警視庁幹部によると、15日午前8時半頃、共通テスト会場だった東大弥生キャンパス前の歩道で、高校3年の男女2人と豊島区の男性(72)が包丁で背中を刺された。このうち重傷の男性は通行人だった。

 捜査関係者によると、少年は夜行バスで上京し、15日午前6時頃に東京駅に到着。地下鉄で移動し、いったん現場の東大前付近を下見したとみられる。

 その後、いずれかの駅で南北線に乗車し、午前8時半前に東大前駅で下車。この前後に、少年が乗っていた6両目の乗客が床に流れ出た不審な液体に気づき、駅員に通報していた。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2678572 0 社会 2022/01/16 20:37:00 2022/01/17 01:38:03 2022/01/17 01:38:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)