阪神大震災27年「1・17を忘れない」…午前5時46分に遺族ら黙とう

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪神大震災は17日、発生から27年となった。犠牲になった6434人の追悼行事が営まれ、新型コロナウイルスの感染拡大下で集まったマスク姿の遺族らが、静かに祈りをささげた。

灯籠の火で、震災を忘れないという思いを込めた「忘」と「1・17」の文字が浮かび上がった東遊園地(17日午前5時46分、神戸市中央区で)=金沢修撮影
灯籠の火で、震災を忘れないという思いを込めた「忘」と「1・17」の文字が浮かび上がった東遊園地(17日午前5時46分、神戸市中央区で)=金沢修撮影

 神戸市中央区の東遊園地では、市などによる追悼式典「1・17のつどい」が開かれ、約4000人(午前7時現在)が参加。灯籠の火で、震災を忘れないとの思いを込めた「忘」と「1・17」の文字が浮かび上がり、地震発生時刻の午前5時46分に全員で黙とうした。

 コロナ禍で昨年は中止となった遺族代表による追悼の言葉が2年ぶりに朗読され、姉の西田 瑞恵みずえ さん(当時17歳)を亡くしたシンガー・ソングライターの田代 作人さくと さん(37)(大阪府茨木市)は「もっとたくさん話したかったのに……。後悔は尽きません」と、しのんだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2679452 0 社会 2022/01/17 05:49:00 2022/01/17 12:42:42 2022/01/17 12:42:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)