炎の攻防「野沢温泉の道祖神祭り」2年ぶり開催

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国重要無形民俗文化財に指定されている「野沢温泉の道祖神祭り」が15日夜、長野県野沢温泉村で行われた=写真=。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、観覧を村民限定にしたり、神事の時間を短縮したりして2年ぶりに実施された。

 ハイライトは、たいまつを手に、ブナなどで組まれた高さ10メートルほどの社殿に向かう村民と、社殿を火から守ろうとする数え年で25歳と42歳の厄年の男たちの攻防。42歳が社殿上から伝統の「道祖神のうた」で盛り上げる中、25歳たちが火の粉を物ともせず、たいまつを持った村民を押し返した。

 約1時間のせめぎ合いの後、午後9時半頃に双方の手締めで社殿に火が放たれ、社殿が崩れ落ちると拍手と歓声が上がった。前線で攻防に参加した村内の会社員男性(23)は顔がすすで真っ黒に。「村民一体となって祭りができて本当に良かった」と表情を緩ませた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2687038 0 社会 2022/01/19 22:52:00 2022/01/19 22:52:00 2022/01/19 22:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)