飲酒してトラック運転し児童5人死傷、男児亡くした父「一生許すことはできない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県 八街やちまた 市で昨年6月、児童5人が飲酒運転のトラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)に問われた元運転手梅沢 ひろし 被告(61)の第4回公判が17日、千葉地裁であった。5人のうち3人の親が意見陳述し、厳罰を求めた。

現場検証に立ち会う梅沢洋容疑者(中央)
現場検証に立ち会う梅沢洋容疑者(中央)

 小学2年の川染 凱仁かいと 君(当時7歳)を亡くした父は「凱仁はルールを守って道路の右を一列で歩いていた。酒を飲んで運転しないという簡単なルールを被告が守らなかった」と語気を強め、「一生許すことはできない。殺意がなくても人を殺しているのと同じ」と涙ながらに訴えた。

 小学3年の長女(8)が重い後遺症を負った父は「被告が反省しているように見えない。幸せだった日常を返して」。小学2年の息子(8)が心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ母は「私たちの悲しみや怒りを一日も忘れることなく、一生償い続けてほしい」と求めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2681339 0 社会 2022/01/17 19:35:00 2022/01/17 19:35:00 2022/01/17 19:35:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)