「忘」「1・17」の形に並べた灯籠、夕方にも再点灯…犠牲者ら追悼

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6434人の死者を出した阪神大震災から27年となった17日、各地で追悼行事が営まれた。

日没後、紙灯籠に火をともす参列者たち(17日、神戸市中央区の東遊園地で)=川崎公太撮影
日没後、紙灯籠に火をともす参列者たち(17日、神戸市中央区の東遊園地で)=川崎公太撮影

 神戸市中央区の東遊園地では、市などによる追悼式典「1・17のつどい」があった。午後9時時点で、前年より2万人以上多い約4万5000人が参加した。

 震災を忘れないという思いを込めた「忘」と「1・17」の形に並べた灯籠に明かりをともし、地震発生時刻の午前5時46分に全員で黙とう。夕方にも再点灯させ、 冥福めいふく を祈った。

 同区の防災研究施設「人と防災未来センター」前で開かれた兵庫県の追悼行事では、斎藤元彦知事が「心穏やかに暮らし続けられる社会を目指し、一歩ずつ前に進む」と訴えた。

 阪神大震災は、大都市を襲った戦後初の直下型地震で、震源は淡路島北部。地震の規模を示すマグニチュードは7・3、最大震度7だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2681779 0 社会 2022/01/17 22:33:00 2022/01/17 22:33:00 2022/01/17 22:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)