「迫力にビックリ」体重約1トン、雪原を駆け抜ける農耕馬

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 出産を控えた農耕馬の運動不足を解消する「馬追い」が、北海道音更町の家畜改良センター十勝牧場で始まった。体重約1トンの馬が白い息を吐きながら、雪原を駆け抜けている。

大型農耕馬の運動不足解消などを図るため、家畜改良センター十勝牧場で始まった「馬追い」(北海道音更町で)=松本拓也撮影
大型農耕馬の運動不足解消などを図るため、家畜改良センター十勝牧場で始まった「馬追い」(北海道音更町で)=松本拓也撮影

 十勝牧場では約160頭を飼育し、出産は2月中旬から4月末まで続くという。観光で訪れた札幌市の会社員男性(53)は「こんなに間近で見るのは初めて。迫力にビックリした」と話していた。公開は2月25日までの平日朝。新型コロナウイルスの感染状況によって変更もある。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2682563 0 社会 2022/01/18 11:33:00 2022/01/18 11:33:00 2022/01/18 11:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)