トンガ噴火、3県で漁船30隻が転覆や流失…カキ養殖施設も被害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 金子農相は18日の閣議後記者会見で、南太平洋トンガ近海で起きた海底火山の噴火のため、宮城、高知、徳島の3県で漁船計約30隻が転覆や流失の被害に遭ったことを明らかにした。人的被害の報告はないという。

トンガの火山噴火の影響で被害に遭った、三重県鳥羽市のカキ養殖いかだ(16日、読売機から)
トンガの火山噴火の影響で被害に遭った、三重県鳥羽市のカキ養殖いかだ(16日、読売機から)

 農林水産省によると、徳島県では小型定置網が損傷し、宮城、三重、和歌山、沖縄の各県ではカキやモズクなどの養殖施設が被害に遭った。同省は漁業保険制度で支援するという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2683470 0 社会 2022/01/18 18:26:00 2022/01/18 22:54:02 2022/01/18 22:54:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)