顧客のマイナンバー情報、元勤務先から不正に持ち出す…税理士ら2人逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 勤務していた税理士事務所から、顧客のマイナンバー情報などを不正に持ち出したとして、京都府警は19日、京都市の税理士事務所の代表で税理士の男(39)ら2人を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)とマイナンバー法違反(個人番号の取得)の両容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。府警は顧客を奪う目的で持ち出したとみている。

京都府警察本部
京都府警察本部

 捜査関係者によると、他に逮捕されたのはアルバイトの女(33)。2人は2020年6月、当時勤務していた京都市内の税理士法人事務所で、顧客2社の財務情報のほか、従業員らの給与情報やマイナンバー情報をパソコンから外付けハードディスクにコピーし、持ち出した疑い。いずれも容疑を認めているという。

 2人は、パソコンにかけられていたパスワードを知りうる立場だったという。男は20年夏頃に独立し、女も退職して、男の事務所で働いていたという。

 被害を受けた事務所では、20年10月頃から顧客の解約が相次ぎ、事務所側が不審に思って昨年3月に府警に相談。パソコンに残った記録などから、2人が浮上した。パソコンには、十数社分の顧客情報が持ち出された形跡があったといい、府警が関連を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2685456 0 社会 2022/01/19 14:30:00 2022/01/19 16:12:51 2022/01/19 16:12:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220119-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)