実は暴れ川、京都を流れる「鴨川ならではの難しさ」…壁のような堤防だと歴史ある街を分断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新聞の号外に激しい見出しが躍ったのは、1935年(昭和10年)6月のことだ。

 「 おびただ しき大橋梁の流失」

 「“泥海地獄”出現す」

「1935年(昭和10年)6月29日水害写真」(京都府提供)。三条大橋が大破している
「1935年(昭和10年)6月29日水害写真」(京都府提供)。三条大橋が大破している

 その日、京都の上空には梅雨前線がとどまり、時間雨量40ミリ前後の「バケツをひっくり返したような雨」が断続的に続いた。24時間雨量は270ミリ。前年の室戸台風で山が荒れていたこともあり、流木が次々に押し寄せ、鴨川はあふれた。

 この大洪水で、鴨川や高野川にかかる41橋のうち32橋が流失・大破。死者12人、浸水家屋2万4000棟という、京都の災害史に残る大惨事となった。

 暴れ川・鴨川を治めるため、人々は古くから心を砕いてきた。平安時代には「 防鴨河使ぼうかし 」という役職を置き、長い堤防を築いた。天下統一を遂げた豊臣秀吉も1591年(天正19年)、外敵や洪水に備え、市街地を囲むように土塁「 御土居おどい 」を作っている。1668年(寛文8年)には京都所司代が今出川―五条間に石垣の護岸「寛文新堤」を設置した。

 冒頭の大洪水を機に、近代の治水は進んだ。川底は2~3メートル掘り下げられ、川沿いを走っていた京阪電鉄の地下化が実現したことで、川幅も広げられた。ただ、どこまでいっても「万全」はなく、工事は現在進行形だ。

 現代の防鴨河使ともいえる京都府河川課の担当者が「治水と景観のバランスをどう取るかが重要だ」と話すように、関係者は「鴨川ならではの難しさがある」と口をそろえる。確かに、壁のような堤防を建てれば、氾濫のリスクは減るだろう。一方で、歴史ある街を分断することになってしまう。

 府は2018年、新たな浸水想定区域図を公表した。近年、全国で水害が多発していることもあり、24時間雨量を「1000年に一度」レベルの736ミリと想定。現実になれば、三条や四条河原町の繁華街は2~3メートル以上、JR京都駅も1メートル以上浸水することになる。

 京都市防災危機管理室は「鴨川沿いには繁華街の地下もあり、危険だ。住む場所や建物の高さに応じた避難行動を、日頃から考えておいてほしい」と訴える。

 普段は穏やかな鴨川には、もう一つの顔がある。それをしっかり見据えることで、助かる命がある。

     ◇

 近年、府内でもたびたび水害が起きている。2012年8月には、宇治市で死者2人を出した府南部豪雨が発生。桂川などが氾濫し、嵐山の渡月橋が損壊した13年9月の台風18号や、福知山市の市街地が冠水した14年8月豪雨も、大きな被害をもたらした。昨年8月には鴨川が濁流となるほどの大雨が降るなど、異常な降雨が増えている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2692375 0 社会 2022/01/21 14:35:00 2022/01/21 14:35:00 2022/01/21 14:35:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)