N裁党の立花党首に有罪判決…東京地裁、受信契約者の個人情報不正取得

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHKの受信契約者の個人情報を不正に取得したなどとして、不正競争防止法違反(営業秘密領得)と威力業務妨害罪などに問われた「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」党首の前参院議員・立花孝志被告(54)に対し、東京地裁は20日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月、罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。

立花党首
立花党首

 佐伯恒治裁判長は「受信契約者の個人情報を流出の危険にさらし、刑事責任は軽くない」と述べた。一方、経済的な利益を得る目的はなかったとして、罰金は認めなかった。

 判決によると、立花被告は2019年9月、NHK受信料の集金人だった男(28)(有罪確定)と共謀し、集金用端末に表示された契約者の氏名などの情報50件を動画撮影して不正に取得。同11月にはNHKに電話で「個人情報を拡散する」と話し、業務を妨害するなどした。

 弁護側は「正当な政治活動だった」と無罪を主張したが、判決は「個人情報を人質のように利用し、政治活動としての許容範囲を超えている」として退けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2687901 0 社会 2022/01/20 10:54:00 2022/01/20 13:08:02 2022/01/20 13:08:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)