四国放送ツイッター、特定の政党・政治家を中傷する内容…「個人」と間違え投稿の社員処分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 四国放送(徳島市)の公式ツイッターで特定の政党や政治家を 誹謗ひぼう 中傷する内容が投稿された問題で、同社は、投稿したラジオ局勤務の50歳代の男性社員を懲戒解雇にしたと発表した。処分は4日付。監督責任を問い、岡元直社長とラジオ局の担当役員を減俸処分、男性社員の上司2人を減給処分とした。

 同社の調査によると、男性社員は昨年12月、個人のアカウントと間違えて公式ツイッターに投稿。

 さらに個人のアカウントにも政治的中立性・公平性を著しく欠いた投稿を繰り返していたことが明らかになり、放送局の信頼を 毀損きそん しかねない極めて不適切な言動としている。

 同社は「信頼回復に向け、改めて服務規律の順守やコンプライアンス意識を徹底し、再発防止に努める」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2688382 0 社会 2022/01/20 12:28:00 2022/01/20 12:47:22 2022/01/20 12:47:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)