気温33度で母親は車の窓を閉め子ども2人と閉じこもる、男児が自力で脱出…転落死事件で再逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都新宿区歌舞伎町で昨年12月、男児(9)がホテル23階付近から転落死した事件を巡り、警視庁新宿署は20日、川崎市の無職の母親(47)(殺人容疑で逮捕)を男児と妹(7)への殺人未遂容疑で再逮捕したと発表した。再逮捕は18日。

 発表によると、母親は昨年8月5日午後、自宅近くの駐車場で、子供2人に睡眠薬を飲ませて軽乗用車の後部座席に乗せ、熱中症に陥らせて殺害しようとした疑い。黙秘している。

 気温33度で、母親は運転席に乗って窓を閉め、2人を約2時間閉じ込めたという。自力で車外に出た男児に気づいた人が通報し、3人とも無事だった。無理心中を図ったとみられる。

警視庁
警視庁

 川崎市の児童相談所が翌日から同月末まで2人を一時保護した後、「在宅での養育が可能」と判断し、帰宅させていた。川崎市児童家庭支援・虐待対策室は「検証を行い、再発防止に努めたい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2689798 0 社会 2022/01/20 18:59:00 2022/01/20 18:59:00 2022/01/20 18:59:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)