切断遺体は成人男性か、400m離れた場所からビニールにくるまれた頭部や両腕見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県日光市の元ゴルフ場で切断された胴体などの遺体が見つかった事件で、県警は20日、遺体は成人男性とみられると発表した。敷地内からは頭部や両腕なども見つかり、県警は同日、死体遺棄事件として捜査本部を設置した。

 この事件では、19日に元ゴルフ場の敷地内で、胴体のみが入ったスーツケースが発見され、近くのスポーツバッグからも肉片が見つかっていた。

栃木県警察本部
栃木県警察本部

 県警の発表によると、スポーツバッグの肉片は腰から膝上までだった。約400メートル離れた場所からは、ビニールにくるまれた頭部や両腕なども見つかった。切断面の状態から、胴体も含めて同一人物のものとみられるという。

 司法解剖の結果、遺体は死後3か月以上経過しており、死因は特定できなかった。顔の左側には骨折した形跡が、あごには切り傷があるという。県警は、遺体の身元の特定を急いでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2689973 0 社会 2022/01/20 20:31:00 2022/01/20 21:07:01 2022/01/20 21:07:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50128-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)