抗原検査簡易キットが全国的に品薄…増産を要請、余剰出たら国が買い取り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染を素早く調べられる抗原検査簡易キットが、全国的に品薄状態になっているとして、業界団体を通じ、メーカーに増産を要請した。オミクロン株の急拡大を受け、自治体や企業、個人の需要の増加に対応する。増産に伴い、余剰が出た場合は国が買い取る方針だ。

「県民割」支援、6月30日宿泊分まで延長…1日最大7000円分を補助
成人式では抗原検査会場を設置した自治体も見られた(10日、世田谷区で)
成人式では抗原検査会場を設置した自治体も見られた(10日、世田谷区で)

 抗原検査の簡易キットは、PCR検査より手軽で、場所を選ばず15~30分程度で結果が出る。医療用として承認されたが、現在は調剤薬局で販売しており、自宅などで無症状の人が使うことも認められている。

 オミクロン株への対応として、政府は社会機能を維持するため、医療従事者らや公共交通機関の従業員が濃厚接触者になった場合、簡易キットによる検査で待機期間を短縮できるようにした。感染拡大を防ぐため、キットを住民にあらかじめ配布する自治体もあり、需要が高まっている。厚労省によると、現時点でメーカーに数百万個の在庫があるが、一部で出荷が追いつかない状態になっているという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2690432 0 社会 2022/01/20 22:40:00 2022/01/20 22:40:00 2022/01/20 22:40:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50148-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)